Processingクイックリファレンス


三角関数


 三角関数のパラメータの単位はラジアンです。単位を変換したい場合は、degrees()やradians()を使います。

sin(a)正弦(サイン)を求める
cos(a)余弦(コサイン)を求める
tan(a)正接(タンジェント)を求める
asin(a)逆正弦(アークサイン)を求める
acos(a)逆余弦(アークコサイン)を求める
atan(a)逆正接(アークタンジェント)を求める
atan2(x, y)座標(x,y)を指定して角度を求める
degrees(a)角度の単位をラジアンから「度」へ変換する
radians(a)角度の単位を「度」からラジアンへ変換する

 sin()関数とradians()関数を使って、ウインドウの幅いっぱいのサインカーブを描く例です。

size(360, 100);

for(int i=0; i<width; i++) {
  line(i, 50, i, 50 + sin(radians(i)) * (height/4));
}

 atan2()を使って原点から見たマウスカーソルの角度を求め、図形の回転に利用する例です。

void draw() {
	background(200);
	translate(width/2, height/2);	// 原点をウインドウの中心に
	float a = atan2(mouseY-height/2, mouseX-width/2);
	rotate(a);					// マウスカーソルの方向へ回転
	rect(-12, -5, 24, 10);
}



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 Generic. (公開:2011-10-20)
このドキュメントはTakumi Funadaがprocessing.orgのリファレンスをベースに、書籍『Processingをはじめよう』のために執筆したものです。紙数の制約により、書籍の内容に関連する項目を選び、説明を簡略化しています。全機能に対するより詳しい解説が必要な場合は、processing.orgか開発環境に付属するドキュメントを参照してください。
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Musashinodenpa]