Processingクイックリファレンス


優先順位


 演算子を含む式は決められた順番に基づいて処理されます。順番が決まっていることで、計算の結果はいつも必ず同じになります。算数の授業でも計算の順番のルールについて習いましたが、プログラミングには普段使わない演算子が登場し、ルールも少し複雑です。
 次の表を見てください。上にある演算子ほど、先に処理されます。一番上の演算子はカッコですね。カッコ内の演算は、カッコの外側の演算よりも先に行われます。表の最下段にある代入演算子は、最後に処理されます。

  記号
カッコ()a * (b + c)
単項++ -- !a++ --b !c
乗除* / %a * b
加減+ -a + b
関係> < <= >=if (a > b)
等号== !=if (a == b)
論理積&&if (mousePressed && (a > b))
論理和||if (mousePressed || (a > b))
代入= += -= *= /= %=a = 44

 論理演算(&&と||)の結果は次のようになります。

true && false → false
false && true → false
true && true → true
false && false → false
true || false → true
false || true → true
true || true → true
false || false → false



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 Generic. (公開:2011-10-20)
このドキュメントはTakumi Funadaがprocessing.orgのリファレンスをベースに、書籍『Processingをはじめよう』のために執筆したものです。紙数の制約により、書籍の内容に関連する項目を選び、説明を簡略化しています。全機能に対するより詳しい解説が必要な場合は、processing.orgか開発環境に付属するドキュメントを参照してください。
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Musashinodenpa]