Processingクイックリファレンス


マウス


 マウス関連のシステム変数と関数をまとめます。

mouseXマウスカーソルの水平方向の位置
mouseYマウスカーソルの垂直方向の位置
pmouseX前のフレームでのマウスカーソルの水平位置
pmouseY前のフレームでのマウスカーソルの垂直位置
mousePressedマウスボタンが押されているとtrue。そうでなけばfalse
mouseButton押されているボタンはどれか (LEFT、RIGHT、CENTER)
mouseMoved()マウスの移動時に呼び出される関数 (ボタンは押されていない状態)
mouseDragged()ボタンが押された状態でマウスが移動したときに呼び出される関数
mousePressed()マウスボタンが押されると呼び出される関数
mouseReleased()マウスボタンから指が離れたときに呼び出される関数
mouseClicked()マウスボタンが押されてから離されたときに呼び出される関数

 次のプログラムは、マウスボタンを押している間、カーソルの軌跡を線として描きます。

void draw() {
	if (mousePressed) {
		line(pmouseX, pmouseY, mouseX, mouseY);
	}
}



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 Generic. (公開:2011-10-20)
このドキュメントはTakumi Funadaがprocessing.orgのリファレンスをベースに、書籍『Processingをはじめよう』のために執筆したものです。紙数の制約により、書籍の内容に関連する項目を選び、説明を簡略化しています。全機能に対するより詳しい解説が必要な場合は、processing.orgか開発環境に付属するドキュメントを参照してください。
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Musashinodenpa]