Arduino 日本語リファレンス


上記のファイルをArduino IDEのライブラリフォルダにコピーします。

【メソッド】

MsTimer2::set(unsigned long ms, void (*f)())

オーバーフローする時間をmsで指定します。オーバーフローするたびに、関数fが呼ばれます。fは引数なしのvoid型として宣言してください。

MsTimer2::start()

割り込みを有効にします。

MsTimer2::stop()

割り込みを無効にします。

【例】

1秒周期でピン13のLEDをオンオフします。

#include <MsTimer2.h>

void flash() {
  static boolean output = HIGH;

  digitalWrite(13, output);
  output = !output;
}

void setup() {
  pinMode(13, OUTPUT);

  MsTimer2::set(500, flash); // 500msごとにオンオフ
  MsTimer2::start();
}

void loop() {
  // loopは空
}



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]