Arduino 日本語リファレンス


#include

原文

#includeは外部のライブラリ(あらかじめ用意された機能群)をあなたのスケッチに取り入れたいときに使います。この機能によりプログラマはC言語の豊富な標準ライブラリやArduino専用に書かれたライブラリを利用できます。

AVR Cライブラリのリファレンスは下記のURLです。AVRはArduinoのベースとなっているAtmelのチップです。
http://www.nongnu.org/avr-libc/user-manual/modules.html

#includeも#defineと同様にセミコロンは不要です。

【例】

この例では、RAMのかわりにFlashメモリにデータを保存するためのライブラリをインクルードしています。この方法により、動的な記憶に必要なRAMスペースが節約でき、ルックアップテーブルも実用的に使えるようになります。

#include <avr/pgmspace.h>

prog_uint16_t myConstants[] PROGMEM = {
  0, 21140, 702 , 9128,  0, 25764, 8456, 4500
};




[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]