Arduino 日本語リファレンス


コメント

原文

コメントを書く目的は、プログラムの働きを自分が理解したり、思い出したりするのを助けるためです。 また、他の人に、それを伝えるためでもあります。
コメントはコンパイラから無視され、コンピュータに出力されることはないので、チップ上のメモリを消費しません。

【例】

コメントを記述する方法は // と /* ... */ の2通りあります。

x = 5;  // 1行コメント 2つのスラッシュの後ろはすべてコメント

/* こちらは複数行コメント
ブロックをコメントアウトしたいときに使用
  if (gwb == 0) {  // 複数行コメントのなかの1行コメントはOK
  x = 3;           // しかし、ここに複数行コメントは不可
}
ここまでが複数行コメント */



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]