Arduino 日本語リファレンス


{} (波カッコ)

原文

波カッコ(ブレース)はC言語プログラミングの重要な要素です。波カッコは下に示すように、複数の異なった状況で使われ、ときに初心者を混乱させます。

開きカッコ「{」は、つねに閉じカッコ「}」を伴います。これを「カッコがバランスしている」といいます。Arduino IDE(統合開発環境)は波カッコのバランスをチェックする便利な機能を持っていて、ある波カッコをクリックすると、対になる波カッコがハイライト表示されます。ただし、現在この機能にはバグがあり、コメントアウトされたテキストのなかの波カッコを見つけてしまうことがあります。

プログラミングの初心者や、BASICから移ってきた人は、波カッコを使うとき、混乱したり、苦手に思ったりするかもしれません。そういうときは、波カッコをサブルーチンのなかのRETURN文や、IF文におけるENDIF、あるいはFORループにおけるNEXTと同じだと考えるといいかもしれません。

波カッコの使い方は様々です。波カッコを必要とするプログラムを書くとき、開きカッコ{を入力したら、すぐ閉じカッコ}も入力するようにするのは良い習慣です。先に波カッコを置いてから、その間に文や改行を入力していきます。こうすることで、いつもバランスが取れた状態でいられます。

大きなプログラムにおけるアンバランスな波カッコは、解けない暗号のように不可解なコンパイルエラーを引き起こします。波カッコには様々な使い方があると同時に、いくつかの文ではきわめて重要なので、ほんの数行位置が違っただけで、そのプログラムの意味するところが劇的に変化してしまうことがあります。

【波カッコのおもな使用例】

関数

  void myfunction(引数) {
    文
  }

ループ

  while (式) {
     文
  }

  do {
     文
  } while (式);

  for (初期化; 式; 加算) {
     文
  }

条件分岐

  if (式) {
     文
  }

  else if (式) {
     文1
  } else {
     文2
  }



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]