Arduino 日本語リファレンス


PROGMEMキーワードは変数を宣言するときに使います。pgmspace.hで定義されているデータ型だけを使用してください。PROGMEMはpgmspace.hライブラリの一部です。よって、このキーワードを使うときは、まず次のようにして、ライブラリをインクルードする必要があります。

#include <avr/pgmspace.h>

【構文】

dataType variableName[] PROGMEM = {dataInt0, dataInt1...};

dataType: データ型(後述)
variableName: 配列の名前


PROGMEMキーワードを置く位置は次のどちらかです。

dataType variableName[] PROGMEM = {};
PROGMEM dataType variableName[] = {};

次のようにしてもコンパイルは成功しますが、IDEのバージョンによっては正常に動作しません。

dataType PROGMEM variableName[] = {};


PROGMEMを単独の変数に対して使うこともできますが、大きなデータを扱うならば配列にするのが一番簡単です。

Flashメモリに書き込んだデータは、pgmspace.hで定義されている専用のメソッド(関数)を使ってRAMに読み込むことで、利用できるようになります。

先に触れたとおり、pgmspace.hで定義されているデータ型を使うことが重要です。通常のデータ型を用いると、わかりにくいエラーの元となります。次に使用可能なデータ型を示します。浮動小数点数はサポートされていません。

prog_char char (1バイト) -127〜128
prog_uchar unsigned char (1バイト) 0〜255
prog_int16_t int (2バイト) -32,767〜32,768
prog_uint16_t unsigned int (2バイト) 0〜65,535
prog_int32_t long (4 bytes) -2,147,483,648〜2,147,483,647.
prog_uint32_t unsigned long (4バイト) 0〜4,294,967,295

【例】

PROGMEMを使って、char型(1バイト)とint型(2バイト)のデータを読み書きする例です。

#include <avr/pgmspace.h>

PROGMEM prog_uint16_t charSet[] =
  { 65000, 32796, 16843, 10, 11234 };

prog_uchar signMessage[] PROGMEM =
  "I AM PREDATOR, UNSEEN COMBATANT.";

unsigned int displayInt;
char myChar;
int k;

displayInt = pgm_read_word_near(charSet + k); // 2バイト読み込み
myChar =  pgm_read_byte_near(signMessage + k); // 1バイト読み込み

文字列の配列をFlashメモリに配置する例です。

#include <avr/pgmspace.h>

prog_char string_0[] PROGMEM = "String 0";
prog_char string_1[] PROGMEM = "String 1";
prog_char string_2[] PROGMEM = "String 2";
prog_char string_3[] PROGMEM = "String 3";

// Then set up a table to refer to your strings.

PROGMEM const char *string_table[] = {
  string_0,
  string_1,
  string_2,
  string_3
};

char buffer[30];    // 文字列を格納するのに十分なサイズ

void setup() {
  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  for (int i = 0; i < 4; i++) {
    // strcpy_Pで文字列をプログラム領域からRAM(バッファ)へコピー
    // キャストと逆参照が必要
    strcpy_P(buffer, (char*)pgm_read_word(&(string_table[i])));

    Serial.println( buffer );
    delay( 500 );
  }
}

F()マクロ

Frashメモリの文字列にアクセスするためのマクロです。PROGMEMよりも簡単に、長い文字列を扱うことができます。

【例】

Flashメモリから文字列を取得して出力する例

void setup() {
    Serial.begin(9600);
}
void loop() {
    Serial.print( F("Hello World.") );
    delay(1000);
}


[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]