Arduino 日本語リファレンス


INPUT/OUTPUT (デジタルピンを定義する定数)

原文

デジタルピンの電気的振る舞いを変更するときに使う定数で、おもに pinMode関数のパラメー タとして使います。

INPUT

デジタルピンを入力として設定したいときに使います。たとえばスイッチをつないでその状態を知りたいとき、INPUTを指定します。
INPUTに設定されたピンはハイインピーダンス状態にあります。これは100MΩ(メガオーム)の抵抗が直列に接続された状態に相当し、サンプリングの際、回路に対してほんのわずかの影響しか与えません。このことはセンサの値を読み取るときに役立ちますが、LEDの駆動には不向きです。

INPUT_PULLUP

Arduino Unoが採用しているATmegaマイコンは内部にプルアップ抵抗を持っています。pinMode()でこれを有効にするとき使うのが、この定数です。プッシュスイッチ(タクタイルスイッチ)やティルトスイッチのように、接点が開放状態になる可能性のある部品を使うときは、プルアップ抵抗を有効にして、ピンが「浮いている」状態になるのを防ぐ必要があります。内部プルアップ機能の代わりに、10KΩ程度の抵抗器を使って、プルアップ(+5Vに接続)またはプルダウン(GNDに接続)する方法もあります。

OUTPUT

ピンがOUTPUTとして設定されているときはローインピーダンス状態にあるといえます。これは、回路に対してたくさんの電流を供給できることを意味します。Arduino Unoのピンはソース(電流を供給する)としても、シンク(電流を吸い込む)としても使用でき、ピンあたり最大40mA(ミリアンペア)を流すことができます。この値を超えると、マイコンが破壊に至る可能性があります。GNDや5V端子に短絡(ショート)させないよう注意してください。出力モードのデジタルピンはLEDの点灯には使えますが、モーターやリレーを制御するときは何らかの駆動回路が必要です。



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]