Arduino 日本語リファレンス


for

原文

for文は波カッコに囲まれたブロックを繰り返し実行します。様々な繰り返し処理に活用でき、データやピンの配列と組み合わせて使われることがあります。

for文のヘッダは3つの部分から成り立っています。

for (初期化; 条件式; 加算) {
 //実行される文;
}

まず初期化が一度だけ行われます。処理が繰り返されるたびに条件式がテストされ、trueならば波カッコ内の処理が実行され、加算が行われます。次に条件式がテストされたときにfalseならば、そこでループは終了します。

【例】

LEDをぽわんぽわんと明滅させるサンプル。forループの中で、PWMのパラメータを0から255まで1ずつ上げている。

int PWMpin = 10; // LEDを10番ピンに1KΩの抵抗を直列にして接続

void setup() {
  // 初期化不要
}

void loop() {
   for (int i=0; i <= 255; i++){
      analogWrite(PWMpin, i);
      delay(10);
   }
}



[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]