Arduino 日本語リファレンス


String()

原文

Stringクラスのインスタンスを生成します。様々なデータ型から変換して、インスタンスを生成することができます。

数値からインスタンスを生成すると、その値(10進数)をASCII文字で表現したものになります。

String thisString = String(13)

こうすると"13"という文字列がインスタンスに与えられます。別の基数を用いることもできます。

String thisString = String(13, HEX)

16進数を指定すると"D"という文字列が与えられます。

String thisString = String(13, BIN)

2進数を指定したときの生成される文字列は"1011"です。

【構文】

String(val)
String(val, base)

【パラメータ】

val: 文字列に変換される値。従来型の文字列のほかにchar, byte, int, long, unsigned int, unsigned longなどの各型に対応している
base (オプション): 基数

【例】

以下の宣言はすべて有効です。

String stringOne = "Hello String";                // 文字列定数を使用
String stringOne =  String('a');                  // 1文字
String stringTwo =  String("This is a string");
String stringOne =  String(stringTwo + " with more");  // 連結
String stringOne =  String(13);                   // 定数
String stringOne =  String(analogRead(0), DEC);   // 整数(10進数)
String stringOne =  String(45, HEX);              // 整数(16進数)
String stringOne =  String(255, BIN);             // 整数(2進数)
String stringOne =  String(millis(), DEC);        // long型整数


[目次へ戻る]

Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License.
このドキュメントはArduino Teamにより執筆され、Takumi Funadaが翻訳し、一部加筆修正したものです
ご意見はtf at musashinodenpa.comまでお送りください [Arduino wiki]